生理痛は食べ物(生姜と豆乳)で和らげることができます。

こんなにも簡単に生理痛が和らいだのです。

もっと早くに知っていれば、もっと楽になれていたと思います。

生理痛には何度も苦しめられてきました。

そのせいで仕事を休む事も少なくありません。

そのせいでプライベートが充実する事もなかったのです。

だから私は友人に聞いた生理痛改善方法を試してみたのです。

それは食事です。

1、生姜

体を温めてくれる生姜をいっぱい摂るようにしました。

生姜にはジンゲロールにショウガオールという成分が入っています。

この二つの成分が代謝をあげ、血行を促進し体を温めてくれるのです。

体を温める事は、生理痛を和らげることになるのです。

2、豆乳

そして豆乳には大豆に含まれているイソフラボンが効果あるのです。

このイソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンの働きを助けて、生理痛を緩和してくれる働きがあるのです。

それにアーモンドにはミネラルが豊富に含まれているので、女性ホルモンのバランスを整える作用があるのです。

このように食べ物って生理痛を和らげるために、とても必要なのです。

食べ物を変えてみるだけで、辛い生理痛だって改善されます。

一番良いのは、体を温める食べ物を積極的に摂る事だったのです。

生理痛は女性だけの痛みなのです。

だから女性は体を冷やしてはいけなかったのです。

すすんで体を温めてあげる事で、生理痛は改善されるのです。

言ってみるととても簡単なのですが、いざ実行するとなると結構難しい事でもあるのです。

でも諦めずに毎日頑張って努力をする事で、辛い生理痛から解消されるのです。

そして毎日リラックスする時間を持つ事もとても大事なのです。

気分がゆったりする落ち着いた時間を持つ事は、生理痛にも関わるとても大事な事だったのです。

(三重県 ななえさん)




温めた豆乳を飲んで生理痛を和らげる

最近、生理痛がひどくて、学校や会社を休むという方が増えています。

痛みを我慢して登校や出社をしても、その日の生活は苦しいものになりがちです。

特に社会人になると、生理痛の苦しさを理解してもらいにくくなります。

日本の会社は、男性が中心なので、女性の健康について配慮している職場は少ないのです。

会社によっては、生理痛のために休む事を許している所もありますが、実際は休みにくいという声も聞きます。

生理痛は、重い症状になると、痛みだけではなく頭痛や吐き気まで伴います。

また、腹部だけでなく、腰まで痛みを感じる事もあります。

このような状態では、勉強や仕事や家事をするのに一苦労です。

そこで、ここでは、しんどい生理痛を和らげる方法を幾つか紹介します。

まずは、温めた豆乳を飲む事です。

豆乳は大豆を原料としていますが、この大豆の中に生理痛を和らげる成分が入っています。

その成分は、大豆イソフラボンと言って、女性のホルモンバランスを整えてくれます。

この豆乳を温めて飲めば、体を温めながら、大豆イソフラボンを摂取できます。

なぜ、温めるかと言うと、体温が下がり冷えてしまうと、生理痛も重くなるからです。

ただし、夏など気温が高い時は、冷たいままでも大丈夫です。

飲む時間帯としては、体が水分を吸収しやすい朝がお勧めです。

次に、半身浴やヨガで体を温める方法を紹介します。

基礎体温が下がり、内臓が冷えると、生理の痛みが大きくなります。

そのために、日常から、体が冷えないように気を付ける事が大事です。

半身浴は、ゆっくりと体を温めてくれます。

それに、体の内側まで暖かくなるので、冷え症の方にとっても良いです。

また、ヨガ等の運動も、深い呼吸とゆったりした動きで、体内の血流を良くしてくれます。

どちらの方法も、体を温めるだけではなく、リラックス効果もあります。

このように、日常から気を配っておけば、毎月の生理痛を軽くできるのです。

(京都府 みほりんさん)