布ナプキンとブリッジで生理痛を和らげています。

私のおすすめの生理痛を和らげる方法は、「布ナプキン」を使用することです。

だんだん布ナプキンの認知度が高まってきてはいるものの、布ナプキンは聞いたことがあるだけ、という人が多いのではないでしょうか。

その名の通り、布ナプキンは布製の生理用ナプキンです。

布製なので、洗って繰り返し使用することができます。

私は布ナプキンを使用するようになって3ヶ月~半年くらいで、生理痛がかなり和らぎました。

布ナプキンがどうして生理痛に影響するのか、詳しいメカニズムは分かりません。

ただ、布ナプキンを使用することによって、生理痛やPMSが軽くなった、という声は多いようです。

体感で感じられるのは、一般的な紙ナプキンより布ナプキンの方が温かい、ということです。

これは使用したことがない人にはイメージが湧きづらいと思います。

私も布ナプキンを使用する前は、友人からこの言葉を聞いても、よく分かりませんでした。

ですが、布ナプキンを使用した後に紙ナプキンを使用すると、陰部に触れる感覚が冷たく感じられるんですね。

また、紙ナプキンには化学物質が含まれており、それがデリケートな部分に当たるのはよくない、という声もあります。

私は専門家ではありませんが、単純に布の方が身体にやさしいかな、と思っています。

気持ちの問題、というと身も蓋もないのですが、正直上記のように考えながら布ナプキンを使用しているという精神的な影響もあるかもしれません。

しかし、それで生理痛が和らぐのならいいかな、と思います。

あとは、「ブリッジ」をすることも効果的ですね。

仰向けの状態から腰を上げて、手足で身体を支えるポーズです。

余計子宮に負担がかかるように思われるかもしれませんが、生理痛がツライときにブリッジを行うと、生理の痛みが軽くなります。

生理痛で悩んでいる方がいましたら、布ナプキンと合わせてブリッジはぜひ試してほしいです。

(海外 一ノ瀬ゆうさん)




酷い生理痛対策は布ナプキと豆乳です。

ひと月に一度くる生理痛はつらいですよね。

私もひどい酷い生理痛に悩まされたこともあり、いろいろ調べたことがあります。

そこで、実際に効果があった生理痛をやわらげ、早く終わらせる方法を紹介します。

いろいろな生理痛を和らげる方法を試した結果、一番効果があったものは布ナプキンでした。

最初試してみるまでは、蒸れそうだし、なんだかめんどうくさそうという先入観がありました。

しかし、試した結果があまりにも良かったため、今では毎月生理がくると布ナプキンを使用しています。

布ナプキンの効果は、いままで使用していた紙ナプキンの逆で、おなかを温めてくれるものです。

生理痛はおなかを温めることで緩和されて、経血の流れもよくなることから早く生理を終わらせることができるのです。

紙ナプキンは種類が多くありますが、ほとんどのものは通気性を良くするように作られていますので、流れ出た経血が空気に触れ水分が気化し、冷えてしまうことが考えられます。

布ナプキンは、Tシャツ、ハンカチといった布であれば簡単に作ることができるので、調達もしやすいことがメリットといえます。

ネットで検索をしてみると布ナプキンの型紙を作ってくれている方がいますので、形やデザインにこだわるなど、裁縫の得意な人は楽しめるかもしれません。

ここまで、布ナプキンのことを語ってしまいましたが、洗ったりするのがめんどうとか、一日に何回か取り替えるのがめんどうという方もいらっしゃるとおもうので次に効果のあったものをご紹介します。

一番簡単に効果を得られると思ったのは、豆乳を飲むことでした。

女性ホルモンを整えてくれるからなのかは分かりませんが、豆乳を続けて飲むことで体調がよくなることが実感できました。

また、カフェインは生理中にあまりとらない方がいいとネットで知りましたが、紅茶には体を温める効果があるので、少し飲むようにしています。

以上で私が実践している、生理痛をやわらげ、早く終わらせる方法の紹介でした。

生理痛で悩んでいる方は一度試してみてくださいね。

(宮城県 mii02さん)