体のゆがみをとって生理痛を和らげています。

毎月この時期になるとツラい思いをする生理痛。

私の場合は、生理が来る前日あたりから2日目までが特に痛みを感じます。

この痛みを和らげるため、生理痛に効く市販の痛み止めを飲んだこともありました。

市販の痛み止めは確かに飲んでいるときは痛みを感じなくなりますが、体のことを考えるとそれを続けることに対し疑問を感じるようになりました。

そのようなこともあり薬に頼らずに痛みをとる方法はないか、自分なりに試したところ、効果があると感じたのは体のゆがみをとることです。

その中でも特に行うといいのが、生理痛の際に痛みを強く感じる腰の部分。

この部分のゆがみや凝りをとることで、生理痛の痛みを和らげることができました。

ゆがみをとるやり方はこのような感じです。

上を向き仰向けに寝たら、ひざを立てます。

両手は横にまっすぐ伸ばし、手のひらは下に向けます。

その状態で顔は上を向いたまま、体も上を向けたまま、ひざを左に倒します。

腰から下だけを倒すイメージです。

決して勢いはつけずにゆっくりと倒します。

左が終わったら、続いて右に倒します。

左と右を交互に行い、それをまた繰り返します。

これを数回続ける頃には、痛みの強かったあの生理痛が和らいできます。

痛みがほとんどないときにはやろうとしない体操ですが、いざやってみると腰の部分がとても凝っていることに気がつきます。

本当は毎日お風呂あがりに行えば、日頃から腰の凝りやゆがみもとれ、いいような気がしますが、難しい場合には生理前の1週間だけでも集中的に行うと、いざ生理にが来たときに痛みを感じることが少なくなっているはずです。

簡単な体操で、5分~10分程度の時間があれば出来ます。

生理痛の強い方は試してみるといいと思います。

(山梨県 ようこさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です