整腸剤で便秘解消して生理痛も和らぎました。

高校時代から生理痛は結構あるほうでした。

生理が痛い時でも体育も休むことはありませんでした。

生理なんだからこんなもんだと思い、体力で乗り越えていましたが、30代以降になるとそうもいかなくなりました。

30歳を過ぎてから、立っても座ってもいられないぐらい生理痛がひどくなってしまいました。

仕事中も辛く、生理痛の薬は欠かせませんでした。

ひどい時は生理痛で下腹から腰まで痛くなり、嘔吐もありました。

生理の周期を記録して初日を正確に予測しておかなないと、外出時や旅行中に突然、生理の痛みが襲ってきてひどい目に会ったりします。

不安で生理予定日の3日前後は絶対に予定を入れないようにしていました。

そんな中、これは何か病気ではないのかと病院にも行ってみましたが、特に原因はわからず、ただ安静にと言われるだけでした。

運動不足もよくないと友人に聞き、ウオーキングやストレッチなどもしていましたがあまり改善しませんでした。

仕方がないので自分なりに痛くなる時の状態や日数、体温など事細かに描いておいて毎月のパターンを分析していたところ、便秘しているときに我慢できないほどの痛みがあることがなんとなくわかりました。

生理の1週間前になると便秘をしやすくなるようで、ちょっとたまったなと思うぐらいの時に、やはり生理痛がひどくなりました。

そこで、食生活から見直し、またこのころから整腸剤を定期的に飲むようにし溜めないよう気を付けました。

そして生理になるまでに必ず一度、腸の中をすっきりと空にして迎え撃つことにしたのです。

まったく生理の痛みがなくなったわけではありませんが、生理痛はかなり改善しました。

引っ越した先の住宅で私より生理痛がひどいお姉さんと知り合いになり、やはり便秘のことを言っていました。

彼女はホルモンのバランスが悪く、生理の周期の時に子宮や卵巣がひどく腫れるのだそうです。

子宮や卵巣は大腸のそばにあるので腸の活動で刺激され、痛むと言っていました。

痛みを我慢して無理をしたせいで、腫れた部分から出血し、手術を受けたこともあると話してくれました。

同じ原因かどうかはっきりはわかりませんが、便秘を解消することで生理の痛みが軽くなったのは確かです。

(日本 kame55さん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です