生理痛を和らげるにはとにかく冷えないようにする!

生理痛を軽減するには痛み止めの薬を飲む事が一番手軽ですし、即効性があるのですが、薬はあまり飲みたくないという思いもあります。

そして私の場合、鎮痛剤を飲むとしばらくして体から薬の匂いが逆流するため、出来る限り安易に飲まないようにはしています。

そこで生理痛を軽減させるために何かないかと試したところ、体を温める事が一番しっくりきました。

腰やお腹が痛くなるタイプなので、カイロを使ってお腹と腰を温めるようにしますとだいぶ痛みが軽減されました。

また、季節によって生理痛の辛さが変わる事もわかりました。

例えば夏場は気温が高いからか、冬と比べると生理痛で悩まされる事も少ないため、冬場は逆に就寝時と生理の初日と二日目は下着の上に毛糸のパンツを履く事もあります。

お腹と腰を冷やさない、と気を付ける事は生理時だけでなく、普段から気を付けたい点です。

他にも適度に体を動かす事もポイントです。

つい辛いと丸くなって動きたくない気分に陥ります。

しかし血の巡りが悪いと生理痛もひどくなると感じていますので、腰回りを温めながらも運動をするとか歩くようにしています。

運動をする事で体が温まり代謝が良くなってきます。

特に普段デスクワークが多いお仕事をしている方は、意識して体を動かすと良いでしょう。

食べ物や飲み物も生理痛と関係しているかな、とも感じますので生理痛がひどい時には特に冷たい物は摂りすぎないようにしています。

冷たい飲み物は夏場は美味しいのですが、体が冷えるので血の巡りが悪くなってしまいます。

なるべくホットで飲むか、せめて常温に近い飲み物がお勧めです。

冷房が効いている部屋で冷たい飲み物を飲むより、温かい飲み物を飲むほうが生理痛は軽減されます。

(東京都 きゅーちゃんさん)