生理痛を和らげるには温かい飲み物で体の内側から和らげます

生理痛はとにかくひどいです。

何もしたくなくなるのです。

座ったり立っている事すらも、できない状態になるのです。

その生理痛を少しでも和らげたいと思っていました。

だから私は、私にもできる方法で生理痛を和らげました。

それは飲み物です。

冷たい飲み物が好きですが、できるだけ温かい飲み物を飲むようにしたのです。

体の内側から体内を心地よくするのです。

生理痛と冷えはとても関係があったのです。

私はその冷えをまず改善する事を考えたのです。

温かい飲み物を飲む事で、体の芯からポカポカになれます。

血行も良くなって、体の巡りも良くなってくるのです。

まずは冷え性を改善させる事で、生理痛改善にもつながるのです。

一か月に一回だけの女性だけの現象なのです。

この期間だけでもできるだけ、心地よく過ごしたいと思っています。

生理痛の時には薬を飲めばいいと言われた事もありました。

でも私にはできないのです。

だから考えた結果、この方法が思い浮かんだのです。

特にしょうが湯などは、体に良いのでおすすめです。

しょうがは体を温めてくれます。

体の芯から温めてくれるのです。

ただでさえ血行が滞りがちな生理の時には、かなりの効果がある飲み物だと言われてます。

普段はコーヒーや、炭酸飲料などをよく飲んでいましたがやめました。

体の事を考えたら、そのほうがいいと思ったのです。

しょうが湯は、毎日飲んでも体に害はないのです。

そして豆乳も体に良いという事も知りました。

豆乳に含まれているイソフラボンという成分は女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするのです。

だから豆腐や豆乳は、女性ならどんどん摂ったほうがいいと言われています。

特に温かいともっと有効なのです。

(三重県 なつなさん)




生理痛緩和のためにする事は体全体を温めること

ずっと生理の痛みと戦ってきました。

だったら生理痛の薬を飲めばいいのに、と言われた事もありました。

でも私は生理痛の薬を飲む事ができません。

薬が苦手だったのです。

だから薬に頼らないで、生理痛を緩和したのです。

それは体全身をまずは温めないといけません。

冷えに弱いので、その冷えから解消されないといけないのです。

腹巻をしたり、とにかく体を温める事はとても大事な事でもあるのです。

女性は特に下半身を冷やしてはいけないのです。

だからミニスカートをやめました。

ゆったりしたズボンを履いて、体を締め付ける服装もやめたのです。

特にお腹周りを中心に温めてあげました。

そして長時間、同じ姿勢を続けていてもいけないのです。

血行も悪くなるし、ストレスも高まってくるのです。

30分に一回くらい、思いっきり体を伸ばしてあげる事も大事なのです。

軽いストレッチをする事もとても良い方法だと思います。

そしてもっと大事な事は、規則正しい生活です。

早寝早起きはもちろん、食べすぐにも注意したいです。

しっかりと睡眠を摂って、翌朝スッキリと目覚める事です。

快適な生活ができるように、自分で改善しないといけないのです。

心地よい毎日が、生理痛を少しでも緩和してくれるのです。

不規則な生活をしてばかりでは生理痛がひどくなる一方なのです。

自分でできる事をまずはしてみて、それでもだめだったら嫌でも薬に頼ればいと思います。

それまでは体に害のない、自然体で生理痛と向き合っていきたいのです。

簡単な事なので、誰にでもできる事だと思います。

ただ個人差があるので効果のない人もいるでしょう。

そんな時には、やはり薬に頼る事も大事です。

何よりも我慢する事が、体には一番悪い事だと思っているのです。

(三重県 かいこさん)




生理痛を和らげる方法は痛み止めの薬を飲むことです。

生理痛を和らげる方法として確実なのは痛み止めの薬を飲むことです。

ドラッグストアで売っているような市販薬でも十分に効きますし、もし効かない場合はいろんな医薬品を試してみるのも良いです。

同じ痛み止めの薬でも薬によって含まれている成分が全然違う場合もあるので、自分に合った痛み止めの薬を知っておくと生理痛の解消に役に立ちます。

市販薬で効かない場合には病院を受診して、自分に合った生理痛の薬を処方してもらうのも良いです。

市販薬よりも強い成分が含まれている薬を処方してもらうことも可能なので、生理痛がひどい人は一度病院に相談に行ってみることをおすすめします。

また、病院の医師にも相性があると思うので、出された薬が合わないと感じたら病院を変えてみるのもお勧めです。

生理痛は毎月のことなので、自分が確実に楽になる薬を知っておくことは生理痛を和らげるために非常に重要なことです。

また、自分の生理痛が始まってからどのくらいのタイミングでひどくなるのかの傾向も知っておきましょう。

薬は痛くなる前に飲んだ方が効果的で、痛みが始まってから時間がたってしまうと聞きにくい場合もあるので、薬を飲むタイミングにも注意をしましょう。

この後痛くなるとわかっていれば、まだ痛くはなくともあらかじめ薬を飲んでおいても良いです。

また、痛みが1日から数日は続くようであれば、その期間は薬を飲み続けた方が痛みを感じずに済むのではないでしょうか。

毎月の生理痛を和らげるためにも、効果的に薬を飲むようにしましょう。

薬を飲んだ後にはできるだけ激しい運動や遠くへの害術は避けて、できるだけ体に負荷がかからないようにしましょう。

生理痛がひどい時には家で寝ているのが、痛みを和らげる一番良い方法でもあります。

(大阪 ぐでたままさん)




私の生理痛を和らげる方法はお風呂、ホッカイロ、コーヒーを辞める、、

辛い生理痛‥わかる人にはわかる、けど男性はもちろんのこと生理痛が全くないという人には全くわかってもらえない辛さ‥。

私自身、生理痛が酷い時は、生理が来る前から怠さ・吐き気・子宮の下から突き上げるような痛み、生理が始まってからは、腹痛・腰痛・吐き気・嘔吐がひどく脂汗が止まらなくなります。

生理痛の薬は一切効かず、何度家族に救急車を呼んで!と頼んだことか‥(実際辛さをわからない家族は救急車呼ばず‥)

生理は病気とは違いますが、私には高熱を出して寝込む時よりも、辛い一週間です。

自分自身でも、言った通り生理は病気とは違う‥なので、仕事は休めないし、休んだところで生理痛でぇ〜‥と思われるのがオチです。

生理がどれだけ辛いのか、わかってもらえないことがとても悔しく、辛いですが、仕方がないことです。

生理の痛みを堪えて仕事をしています。

そんな時、少しでも生理の痛みが和らぐように対処方としてしていることがあります!

それは‥とにかく体を温めること!です。

どんなに暑い真夏の日でも、朝起きたらお風呂に入ります。

きちんと浴槽にお湯をはりゆっくりと逆上せないように、気を付けながら30分程度お湯に浸かります。

お風呂から上がったら、体が温かいうちに下腹部・腰にホッカイロを貼ります。

この状態で出勤します。

会社についてからは、一日中座ってのデスクワークになるので、体を動かすことがありません。

なので、よく冷えた社内にいても体を冷やすことのないように、席に着いたら靴の中に小さなホッカイロをinします!

これで末端からの冷えも防げます。

生理期間中は飲み物にも気をつけます。

常温の飲み物か白湯を飲みます。

コーヒーは大好きなのですが、体を冷やしてしまうらしく、生理期間中は我慢しています。

私の場合、辛い生理痛は冷えからきているものらしく、とにかく体を温めることで、少しでも和らぐように努力しています。

夏は暑さとの戦いになりますが、生理の痛みに比べれば暑さくらいへっちゃらです。

これが私の生理痛を和らげる方法です。

(新潟県 グレイスさん)




早く効く生理痛の薬ならロキソニンSプラス

痛みは何でもいいから、とにかく早く効いてほしいものです。

そして女性特有の、生理痛はなおさらなのです。

生理痛がひどいと何もできません。

何も考える事もできないのです。

生理痛なんてなかったらいいのに、と私は女性に生まれた事すら毎回恨んでいたほどなのです。

個人差はありますが、私の生理痛はかなりひどかったです。

生理になったら、私は毎回生理休暇をとらないといけないくらいひどいのです。

でも家でも何もできなくて、寝込んでいるだけなのです。

そんな状態に我慢できずに、この噂になっているロキソニンSプラスを飲んでみたのです。

ロキソニンSプラスは思ったよりも即効性がありました。

とても早い効き目があったのです。

ロキソニンSプラスを飲むとまるで何事もなかったかのように、痛みがなくなったのです。

痛いかな、と思ったら一錠飲みます。

それだけでかなり早い効果があったのです。

痛み止めってこんなにも効き目が早かったかな、と不思議になるくらいなのです。

かといってロキソニンSプラスには副作用はありません。

だから気軽に飲める痛み止めなのです。

苦い薬が嫌いです。

でもロキソニンSプラスには苦味というものはありませんでした。

後々、口に残る事もありませんでした。

最初は飲む事をかなり渋っていました。

何を飲んでも一緒だろうと思っていたのです。

でもこのロキソニンSプラスは違いました。

特別だなと思えたのです。

何でも同じではありませんでした。

私に合う痛み止めというものが存在したのです。

ロキソニンSプラスは、結構強い薬だと思っていました。

でもここまで気軽に飲めて、軽い薬は初めてだったのです。

これなら毎月飲んでもいいと思いました。

毎日欠かさずに飲む事のできる。とても大事な痛み止めでもあるのです。

私が飲む時に守っている事は、しっかりと食べてから飲む事です。

こうすると胃が荒れる事はないと思います。

(三重県 なつめさん)




生理痛の専用薬飲んでいます

私はひどい生理痛で、何年も悩んできました。

そのたびに生理痛の薬を飲んでもいたのです。

でも私に合う生理痛の薬は、なかなか見つかりませんでした。

あるテレビ番組で知ったのが、生理痛の専用薬だったのです。

それがエルペインコーワだったのです。

エルペインコーワは白とピンク色の箱に入って売られています。

見つけた時、これだと思いました。

他の痛み止めの薬は、頭痛や歯痛も併用しています。

でもこのエルペインコーワは、生理専用の薬なのです。

だから信頼する事ができました。

エルペインコーワはしっかりと生理の痛みに効いてくれると期待していたのです。

エルペインコーワに配合されている成分の、イブプロフェンとブチルスコポラミンによって子宮の適度な収縮を抑制してくれます。

だから生理痛が緩和されるのです。

今までどんな生理痛の飲んでも全然緩和されることはありませんでした。

でもこのエルペインコーワだったら、胸をはってすすめる事もできるのです。

女性だったら誰だって、生理痛のひどさがわかるでしょう。

だからこそ私は、このエルペインコーワを飲んでもらいたいのです。

生理痛の薬は何でも一緒だと思っていました。

でも違ったのです。

何でも一緒ではありませんでした。

それぞれ特徴があって、体に合うものは違うのです。

だからその成分をしっかりと知っておく事も、とても大事です。

でもこのエルペインコーワは、生理痛専用薬なので安心して飲む事ができるのです。

他のものと一緒ではありませんでした。

生理痛の時は我慢しないで、痛くなったらすぐ薬を飲まないといけません。

体にも負担がかかってしまうのです。

そして生理痛だったら、まわりの人にも迷惑をかけてしまいます。

そうならないためにも、このエルペインコーワを飲んで毎日快適な日を過ごしてほしいと思っています。

(三重県 けいこさん)