生理痛を和らげるには体を温めることとヨガの弓のポーズ

人によってはとってもつらい生理痛ですが、生理痛を和らげる方法は結構あるように思います。

私が実際にやって良かった!というおすすめの生理痛緩和方法を教えます。

自分を労わりに労って!からだを温めて、生理痛を和らげる

冬場は、身体が知らず知らずのうちに冷えてしまいがちです。

自分でもやり過ぎじゃないか?!というくらい、身体を温めることに全力を注ぎましょう。

一人暮らしであれば、お風呂にも躊躇なく入ってしまいましょう。

もちろん、湯冷めには注意して、風呂上がりには暖かいココアなどを飲みましょう。

コーヒーや紅茶など、大量にカフェインを含むものはもちろん避けて。

パートナーがいる人は、抱きしめてもらいながら寝るのもオススメです。

いろいろな意味で温まります。

これ、他の方法の何よりも生理痛に効きます(笑)

ヨガ万能説。弓のポーズで血行を良くして生理痛を和らげる

生活の中にヨガを取り入れているという人は今時多そうですが、やはりヨガは生理痛を和らげるのに有効です。

特に弓のポーズが有効です。

うつ伏せに寝て足を曲げ、足首を手でつかんで身体を反る形にするこのポーズ。

子宮が傷だらけになって痛い!っていう時にはとっても勇気がいるポーズなのですが、気にせずやってみてください。

身体を反った状態を、ゆっくり息をしながら自分が出来る限り続けて、息を吐きながら戻します。

ふっと腰回りの生理の重みが軽くなる実感ができると思います。

他にも、生理痛に効くポーズはたくさんあるので、調べてみてください。

自分に合うポーズが見つかればしめたものです!

私がおすすめする生理痛を和らげる方法は以上の2つの方法です。

普段から血行を良くすることを心がけていれば、そもそも生理痛が起こるということもなくなるはずなので、ぜひやってみてください。

生理痛知らずの健康的な身体を手に入れましょう。

(沖縄県 ぴよさん)




生理痛を和らげるおすすめの3つの方法 体をひやさない、なにもしない、砂糖を控える。

私のおすすめの生理痛を和らげる方法は
1、体をひやさない
2、なにもしない
3、砂糖をひかえる
です。

生理痛、しんどいですよね。

毎月のこととはいっても、いつまでたっても慣れるもんでもないし、本当につらいです。

そこで今回は、私がやっている生理痛を和らげるための方法をご紹介します。

実際にやって生理痛を和らげる効果があったものばかりなので、生理痛にお悩みの方は、ぜひ試してみてくださいね。

1、体を冷やさないで生理痛で和らげる

まず、体を冷やさないように気を付けること!

これが地味に生理痛に効果があります。

腹巻はもちろん、靴下、冬場はレッグウォーマーもおすすめです。

寝るときはなるべく締め付けの弱いものがいいです。

血行を妨げてしまいますからね。

人間のふくらはぎは、第二の心臓と言われています。

ここを温めることで、全身の血流が良くなります。

生理痛だと、お腹ばかりに意識が向きがちですが、そういったポイントも温めてみましょう。

2、体をゆっくりさせて生理痛を和らげる

次に、なるべく何もしないこと!

そんなの無理!という方がほとんどだと思います。

仕事に育児に、女性は忙しいですよね。

なので、希望ではありますが、生理中、特に一日目と二日目は、家族やパートナーに協力してもらいましょう。

家事や育児を分担してもらい、少しでも体への負荷を和らげましょう。

この機会に、ちょっと話し合ってみることをおすすめします。

3、砂糖を控えて、生理痛を和らげる

最後に、女子にはちょっと難しいかもしれない方法をご紹介します。

生理前一週間は、お砂糖を控える!

私も最初はこんなことで・・・と思いました。

でも確実に、生理痛が楽になったんです。

白いお砂糖が体を冷やすのは、有名ですね。

これと同じように、砂糖は全体的に体を冷やしてしまうのです。

そこで、生理前一週間だけでも砂糖を控えることによって、体の冷えを中からも防いでしまおうというものです。

スイーツ大好きな女子には、ちょっと砂糖をひかえることは難しいかもしれません。

ですが、生理前一週間は体重の減らない期間でもあります。

これをチャンスだと思って、砂糖を断ってみるのもいいかもしれません。

生理の肌荒れも、いくらかましになりますよ。

以上、3つの方法が私がおすすめする生理痛を和らかくす方法です。

もし、生理痛でお悩みの方は一度試してみてください。

(愛媛県 まつさん)